世界経済の行方に目を向けた資産運用。

実を言いますと、株式投資、投資信託、債権といったものにはまったく縁のない暮らしをしてきましたから、実際の投資の話などできるわけもないんですが、前に一度だけ興味を持ったことがあります。

 

それは何の趣味ももたない自分に、なにか楽しくできるものはないだろうかと、真剣に考えていたときでした。世間では投資ブームといいましょうか、みなさん口を揃えて投資のことを語っていましたっけ。私はそんなお話を、まさに指をくわえて聞いてました。(みんな、投資に関してくわしいなあ、いいなあ……)という、そんな思いでしたね。

 

今でも忘れません。それは1998年のことです。改正外為法施行で、個人の為替取引が自由化されたんでしたね。それまで外国為替は銀行など一部の金融機関など特定の場所でないと扱えなかったらしいのですね。とにかく、外為法の改正が実施されて、一般企業や個人でも為替取引が可能になりました。それで一般の投資家もかなり多くなったのでしたね。

 

実はこれが外国為替保証金取引(FX)の始まりだったんですね。ですからまだまだその歴史は浅いんです。これからは世界経済の行方に目を向けた資産運用が大切なんですね。もっともっと勉強が必要みたいです。

FXで経済を学ぶ関連ページ

FX取引2年目
FXに関する情報なら何でも紹介するサイトです。