信託保全の内容について

FX業者は、金融機関に顧客から預かった保証金等を全額信託することが義務付けられています。
FX業者の財産と証拠金を分別管理しているので、万一FX業者が破綻しても、そこから返還されます。
FX業者は、実現損益、評価損益、スワップポイントから取引手数料を引いたものを区分管理する必要があり、外貨入金をした場合は円貨換算額が信託されます。

 

FX業者により、返還にかかる費用(弁護士費用、返還事務費用、信託報酬など)に当てるため上乗せして信託していることもあります。
ある業者ではこの上乗せ金額が区分管理必要額の1/8です。

 

FX業者は受益者代理人として顧客のために信託状況の確認を行い、弁護士を内部管理者として倒産時に顧客資産を返還します。
全額の返還が保証されているわけではありませんが、適切に管理されていれば返還される仕組みになっています。
ポジションを清算し、外貨を円貨に換算し、費用を控除して返還される金額が決定します。

 

くりっく365については、金融商品取引所に預けられます。

 

取引所為替証拠金取引は50万口座で、証拠金預託金は約2兆円ほどに達しています。
FXとCFDの両方のサービスをログインして同時に利用できるサービスでも、それらの口座は別になっていて、保証金を振り替えるようになっています。

信託保全関連ページ

FXとは
FXに関する情報なら何でも紹介するサイトです。
通貨ペア
FXに関する情報なら何でも紹介するサイトです。
FXのメリットとデメリット
FXに関する情報なら何でも紹介するサイトです。